キャリア・ライブラリー@東京

★★今は過去と未来からの贈り物★★キャリア・ライブラリーを豊かに輝くものにするための★★本や情報★★カウンセラー/コーチとしての活動&自己研鑽の記録を記してます★★

2014年度シニア産業カウンセラー合格通知が届きました。。。


こんにちは。
キャリア・ライブラリー@東京です。

新しい年、2015年が始まりましたね。

今年も「読書」と「カウンセリング」と「自己研鑽」をテーマに、キャリア・ライフを自分らしく輝いて生きるための本や情報の発信、そしてカウンセラーとしての活動&自己研鑽の記録を記しています!どうぞよろしくお願いいたします!

─────── ◇ ───────

■それで昨日1月9日のこと、昨年11月に受けたシニア産業カウンセラー試験の合格通知書が届きました。受験時の実感として学科の手応えがなく、今回は実技だけでも何とか受かればいいなあと思っていたので、正直、結果通知を見た時、うれしさよりも、まず驚きました。

一日過ぎて、あれから何度も何度も合格通知書を見直しましたが、確かに「合格」と書いてあります。本当に合格したんだなと、喜びと感謝の気持ちが深くじわじわとわいてきています。

カウンセラーとしてやっていっていいんだよ、これからもがんばっていきなさいと言われているような気がします。

私ががんばって合格したというよりも、クライエントや周りの方たちに合格させていただいたという感じです。

本当に薄くて小さな一枚の紙なのですが、深い感謝と自覚を覚える合格通知書です。

─────── ◇ ───────

■試験勉強を振り返ってみますと、提出用逐語テープ録音が8月上旬で、出願が9月22日でしたので、逐語記録作成に1カ月半かけ、それから学科試験・口述試験まで1カ月半かけたということになります。

受験生の多くの方がそうでしょう、私も仕事をしながらの試験勉強だったので、そんなに時間はとれません。短期集中型で、暗記+問題集を解きテキストに当たるという勉強法でした。

■試験勉強期間は実質3カ月でしたが、3年間かけてシニア講座を受講してきたので、これまで長くかかったなというのが振り返っての実感です。長くかけてよかったとも思います。

この3年間で、シニア産業カウンセラーをめざして自己研鑽する仲間と先生方に出会えたことが貴重な財産です。

■そして何より一番よかったと思うのは、この3年間で、自己理解がとても深まったこと、家族への理解が深まったこと、結果として家族関係が前よりよくなったことです。

─────── ◇ ───────

■資格取得のための試験勉強は、これでひと区切りにしたいと考えていますが、自己研鑽はこれまからまだまだ続きます。ますます深めていきたいです!

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

─────── ◇ ───────