キャリア・ライブラリー@東京

★★今は過去と未来からの贈り物★★キャリア・ライブラリーを豊かに輝くものにするための★★本や情報★★カウンセラー/コーチとしての活動&自己研鑽の記録を記してます★★

単語登録のススメ。。。

電話相談員研修の逐語記録の提出課題、大体終えました。



逐語記録作成にあたっては、まず発言記録の部分を、正確に書き起こすことが大切です。



文字が正確に速く入力ができることに越したことはありません。



逐語記録は手書き・パソコンどちらもOKなので、実際、手書きで逐語記録を作成する方いらっしゃいます。。。)




実は私、文字の入力速度は、人並み以上に速いです。




打鍵速度は人並みだと思いますが、ストレスなく速く正確に打つ工夫をいろいろして、結果的に、速く正確に打てるようになりました。



これは逐語記録作成だけでなく、仕事や趣味で文章を書く際にも、とても役立っています。



1、単語登録を多用しています。



基本的な単語(名詞、動詞、接続詞等)は、単語登録しています。大体1100単語ぐらい。あとは、その都度、追加&削除。


例えば、私⇒「ぁ」

     あなた⇒「あ」

     あります⇒「す」

     ありました⇒「あた」

     ありがとうございます。⇒「ありす」

     ありがとうございました。⇒「ありた」

     産業⇒「さう」

     カウンセラー⇒「かー」

     わかります⇒「わす」

     


単語登録しておくと、少ない打鍵で、たくさん正確に入力することができます。



2、親指シフト入力をしています。



親指シフト入力は、慣れてしまえば、日本語入力に、ほんと最適です。



私はローマ字入力、かな入力の経験がありますが、親指シフトに勝るものはないと実感しています。



脳から(心から)指先への思考の流れが、スムーズなんです。




自宅のノートパソコンには、外付けの親指シフトキーボードをつないで使っています。



↓↓↓


薄形軽量の親指シフトキーボード「Thumb Touch(サムタッチ)」FKB7628-801
読書とカウンセリングと自己研鑽で人生一新!



これは本来の親指シフトキーボードの簡易版です。

一見おもちゃみたいですが、ないより、まし。

あってよかったと感謝している良品です。



─────── ◇ ───────


逐語記録関連の記事は、今までに3つ書いています。



よろしければ、読んでみてくださいね。


─────── ◇ ───────


記事を読んでいただき、どうもありがとうございます。


きょうもよい一日を!


─────── ◇ ───────