キャリア・ライブラリー@東京

★★今は過去と未来からの贈り物★★キャリア・ライブラリーを豊かに輝くものにするための★★本や情報★★カウンセラー/コーチとしての活動&自己研鑽の記録を記してます★★

「『夜と霧』ビクトール・フランクルの言葉」諸富祥彦著のススメ。。。

おはようございます!



産業カウンセラー養成講座でカウンセリング理論の1つとして学んだフランクルの実存分析(existential analysis)。



新テキストでは実存分析(ロゴセラピー)とタイトルされていました。



フランクルは自分の心理療法を最初、実存分析(existential analysis)と名乗ったが、後にビンスワンガーの現存在分析との混同を避けて、ロゴセラピー(logotherapy)と名前を変えた。このロゴとは、ギリシャ語で「意味」を表す言葉からきている。」として、その名前の変遷についても説明しています。



旧テキストでの実存分析の記載は少ないですが、その人間観、病理論、治療目標、カウンセラーの役割について、ズヴァリ書いているので、両方合わせ読むと、実存分析の意味が、よりわかります。



─────── ◇ ───────



さて、諸富祥彦先生の「『夜と霧』ビクトール・フランクルの言葉」は、『夜と霧』を中心に、フランクルの至極の言葉を集めた一冊です。


ページを開けば、その1ページ1ページに、魂を鼓舞するメッセージが載っています。


どんな時にも、人生には、意味がある。


生きる意味、人生の意味、意味への意志を自分事として見いだす助けとなるよう語られた、フランクルの熱く真摯な言葉たち。


1日1ページ開いて読んで、読んで開いて、一日一日一生として生きる力がわいてくる本です。



『夜と霧』ビクトール・フランクルの言葉
『夜と霧』ビクトール・フランクルの言葉



─────── ◇ ───────


記事を読んでいただき、どうもありがとうございます。


きょうもよい一日を!


─────── ◇ ───────